債権回収事例

下記では当事務所で実際にあった成功事例(解決事例)

をご紹介致します。

相談から約1週間で300万円余を回収できた事案

依頼主:30代 男性

【相談前】

相談者は、相手方に約300万円を預けていた。
相手方は「いつでも返してあげる」と言いつつ、相談者の「返して」という要望をのらりくらりとかわしていた。

【相談後】

返還に応じるように内容証明郵便を送付し、面談交渉を行いました。
説得の結果、約1週間で全額が返還されました。

【弁護士コメント】相手方にもお金を預かったそれなりの理由があったようです。
         面談からの交渉では、相手方の事情は否定することなく、ただ”約束である以上返すべき”ことを分かってもらいました。

公正証書を作成して、全額ではないが相当額を回収できた事案

依頼主:40代 女性

【相談前】

相談者は、相手方に約200万円の債権を有していた。
相談者と相手方の主張には食い違いがあり、相手方は相談者に数万円程度の支払いをしていない状況であった。

【相談後】

相手方には十分な経済力がなく、まとまった資産もなかったため、裁判で勝訴しての強制執行の対象が見当たりませんでした。
一方で相手方には、この紛争を解決しておきたいという意思も見られたので、合意のうえで公正証書を作成しました。食い違いがある中で、相手方には140万円の債務があることが認めさせ、120万円を分割で払い切ったならば残り20万円は免除するとの内容で公正証書を作成しました。
その後、相手方は約束通りに120万円を分割で支払い切りました。

【弁護士コメント】勝訴のうえでの強制執行は相手から”むしり取る金”ですが、和解の上で入金されるお金は”持ってきてもらうお金”です。

         古い諺には「明日の壱百より、今日の五拾」とも言います。
         状況にもよりますが、裁判と和解を上手に使い分けて回収を図ることが肝要です。

Copy Right (c) 七福法律事務所 All Rights Reserved.

【電話番号】 06-6949-8454 【FAX】 06-6949-8456

      ※営業の電話は固くお断りします。

  ※注記1 24時間対応 ※すぐに出られない場合は、着信を見てかけなおします。